傷害保険の補償内容

自動車保険の種類を知ろう

自動車保険には、その保険内容から大きく3つに分けることができます。1つ目が、事故の当事者となる相手側への補償です。対人賠償保険や対物賠償保険などがあります。2つ目は、運転者や搭乗者に対する補償です。ここには、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険、自損事故保険、さらに無保険者傷害保険が一般的です。3つ目は、車に対する補償で車両保険となります。

加入が義務づけられている自賠責保険では、傷害による損害について120万円。後遺障害による損害では、程度に応じて75万円~4000万円が支払われます。死亡した場合では、3000万円までです。しかし、実際の事故では、数億円の高額な賠償金も請求されていて、自賠責保険だけでは十分とはいえません。そこで、自動車保険を選ぶ際は、補償内容と具体的なケースを知っておきましょう。

自動車保険で一般的な障害保険の補償内容とは

自動車保険で一般的な補償は、対人賠償保険と人身傷害保険、搭乗者傷害保険になります。対人賠償保険とは、一般的に運転中に歩行者と衝突しケガを負わせたときに補償されます。その内容は、おもに治療費や慰謝料などです。自賠責保険などで支払われる金額を超える部分に対し、保険会社から支払ってもらえます。補償内容によっては、見舞い金などにも応じてくれます。死亡時には、慰謝料や香典代が対象です。

人身傷害保険は、両者ともに運転中のケースで、相手にケガや後遺障害を負わせてしまった場合に支払ってもらえます。搭乗者傷害保険は、運転中に事故を起こし、搭乗者に死亡やケガを負わせてしまったケースに対応可能です。また、保険内容によっては、突然の落下物による搭乗者の死傷も含まれます。

© Copyright Better Car Insurance. All Rights Reserved.