対面型と通販型のどちらの保険を選ぶ?

それぞれの違いを知ろう

自動車保険の満期が近づいてくると、更新するかそれとも違う会社のものを利用するのか迷うものです。最近は直接契約する通販型と、従来と同じように代理店を通して契約する対面型との比較が良く行われていることもあり、自分にはどちらが向いているのか気になるのではないでしょうか。大きな違いとしては、通販型は直接自分自身で保険内容を吟味して保険会社と契約するのに対して、対面型は代理店などを通しつつ、直接スタッフと対面でやり取りをしながら内容の確認をして契約を行います。月々支払う料金に違いが出てくるだけでなく、保険に対してのイメージの違いもありますから、メリットとデメリットを理解して合う方法で契約すれば問題はありません。

どちらにも良し悪しはある

通販型の良い所は、直接契約を結ぶ事で保険料が抑えられる事です。ただし、自分で各保険の補償内容を比較して、料金とバランスが取れているのかどうかを自分で判断する必要があります。その一方で、従来の対面型は代理店を通しての契約となるので多少保険料としては高くなりがちなものの、補償内容を自分で考えたり理解するのが苦手という方にはきちんとスタッフと顔を突き合わせてとことん話し合いができるというメリットがあります。万が一実際に事故が起きたりしたときの対応に関しては、どちらも同じようにスピーディーな対応をしてくれますので不安になることはありません。どちらを利用する場合でも、複数の会社でプランの見積りを取って比較をしてから決めるようにしましょう。

© Copyright Better Car Insurance. All Rights Reserved.