賠償責任保険の補償内容

自動車保険の賠償責任保険とは

自動車保険における賠償責任保険とは、自動車の運転中に事故を起こし、それによって損壊した物の持ち主や怪我を負わせてしまった人に対する賠償が発生した際に、その費用を補償するために自動車やバイクに対してかけられるものです。賠償責任保険には、法律で加入が義務付けられている自賠責保険と、車の所有者が任意で加入する自動車保険があり、それぞれ補償内容が異なります。どちらの保険も万一事故を起こしてしまった場合に発生する様々な費用を補償してくれるものなので、必ず加入しておきましょう。これは事故を起こしてしまった加害者側のためだけではなく、事故によって損害を被ってしまった被害者側のためでもあるということを理解しましょう。

賠償責任保険の補償範囲はどこまで?

法律で加入が義務付けられている自賠責保険の場合、補償されるのは人に対する損害のみとなります。怪我をさせてしまった人の治療費や後遺症等に対する賠償費用等が対象となり、被害の程度に応じた上限額までが補償されます。自動車保険の場合は、人に対する補償に加えて、相手の車や損壊した建物・公共物の修理費用など、「モノに対する賠償金」も補償してもらえます。また、保険の契約内容によっては、相手方だけでなく自分側の治療や修理にかかった費用を補償してくれるものもあります。補償の限度額も契約内容によって変わります。どちらの場合も補償金額は被害の程度に過失割合を加味して算出されます。保険料は自賠責保険の場合は加入会社に関係なく固定で、自動車保険の場合は商品や契約内容によって変わります。

© Copyright Better Car Insurance. All Rights Reserved.