自分に合った補償金額の保険を選ぼう!

補償内容の7つの制度

自動車保険の補償内容は7つの制度があり、対人賠償保険と対物賠償保険の2つがメインとなります。自分に合った補償金額で決めるなら、この2つは無制限で決まりです。自動車を運転して事故を起こした場合自動車保険が何故必要かと言うと、莫大な損害賠償を請求される事があるからです。その為補償金額は数千万円程度に減額する事も可能ですが、安心な無制限が対人と対物賠償保険は基本です。更にこの2つの補償金額の無制限と数千万円の保険料の差は、わずか数千円の違いしかありません。自動車保険の補償内容の7つの制度の内、自損事故保険と無保険車傷害保険は、補償額について悩む必要はありません。これは変更が不可能で保険金額が固定されているからです。

賠償額の色々な考え方

死亡保険金を基準にして、搭乗者傷害保険は入院費の日額等を決めます。その為この部分の補償額は1千万円程度で設定して、入院日額が1万円程度確保出来る様にする人が多い様です。又事故の過失割合にかかわらず搭乗者傷害保険は補償されるので、人身傷害補償を手厚くして搭乗者傷害保険は付けない人もいます。そして人身傷害補償保険は自分で補償額を決めるものではありません。何故なら実際に掛かった治療費等で、ケガの治療等については実費だからです。車の時価を元として補償額が決まるのが車両保険です。その為古くて時価が低い車は、車両保険を付ける事が出来無い場合もあります。保険料への影響が車両保険は大きい事と、付けたとしても時価以上の補償はされません。

© Copyright Better Car Insurance. All Rights Reserved.